日焼け止めをすることで、しわやシミを予防しよう

日焼け止めの表示の意味は…?

体の老化を引き起こす活性酸素ですが、紫外線を浴びることが引き金になって発生します。肌が光を浴びると、当然皮膚にも活性酸素が発生することになりますよね。紫外線のせいでしわやシミ、たるみが増えてしまうことを光老化と言いますが、日焼け止めを塗ることで防げるので、普段から塗っておきましょう。日焼け止めの効果を示す表示に、SPFとPAがあります。SPFはメラノサイトを活性化させることで、皮膚にメラニン色素を増やし、シミの原因となるUV-Bから肌を守る力がどれだけあるのか示しています。肌が日焼けで赤くなってしまう場合は、UV-Bが絡んでいるのです。PAはしわやたるみの原因のUV-Aから肌を守る力を示しており、四段階式で評価されているので覚えておきましょう。

日焼け止めの使い方は…?

外出時はもちろん、室内でも日光が強い日には塗っておくのがポイントです。室内でも紫外線は容赦なく侵入してくるので油断はできませんね。日焼け止めの塗り方ですが、塗りムラがないようにまんべんなく塗ることが大切です。顔はもちろん、首や生え際、デコルテまで忘れずに塗って下さい。耳の裏も塗っておきましょうね。適量を守りながら、二度塗りをするようにするときれいに塗れますよ。出かける時にはファンデーションの機能を持つBBクリームを塗ると手間もかからず楽に日焼け止め対策ができます。紫外線は日差しの強い夏場に限らず、一年中発生しているので、できれば一年中塗るようにしましょう。

品川美容外科の判例について調べる