春になると大事!TゾーンとUゾーンのケアについて

春になると肌トラブルが発生しやすい

寒暖差の激しくなる春を迎えると、肌は荒れやすくなります。特に新生活が始まった方は環境が変わることでストレスもたまりやすく、TゾーンやUゾーンに肌トラブルが発生してしまうことが多いんです。このような肌の問題を解決するために大切なのは、スキンケアを行うことです。

なぜ春先は肌が荒れやすくなるのか

冬になると肌の抵抗力が弱まるため、春になる頃にはダメージを受けやすくなっています。ホコリや花粉などは、バリア機能が低下した肌に悪い影響が出てしまう注意しましょう。夏が近づくと紫外線の量も多くなり気温も高くなるので、肌にとって油断できない状況が続きます。特に対策が必要なのが額と鼻のTゾーン、目じりからほほ、あごのUゾーンで皮脂の分泌量が多くなるのでケアを行いましょう。

Tゾーンのケアについて

Tゾーンは皮脂腺の多いため、皮脂がそれだけ分泌されやすくなります。そのため、毛穴の皮脂を洗顔で取り除くのが重要ですよ。しかし、刺激が強すぎるタイプの洗顔料を選んでしまうと、必要な皮脂まで落としてしまうので気をつけましょう。皮脂を適度に残しながら保湿を行うのが大切なんです。

Uゾーンは保湿が大事

Uゾーンは乾燥しがちなので保湿を行うのが美肌のカギになります。基本的にTゾーンと同様のケアを行えばいいですが、高い保湿効果がある美容液や乳液でケアを丁寧に行いましょう。また、ホルモンバランスやストレス、食生活なども関わってくるので休日はスポーツをするなどストレスがたまらない生活を心がけましょう。食生活を見直すのも大事です。

品川美容外科の起訴について調べる